浮腫(むくみ)の改善(リンパマッサージ)

 浮腫(むくみ)に関して気になる方・・・、

 長時間の立ち作業で、足が浮腫んで重だるい、痛みがある。

 夕方以降、靴がきつくなり、よく靴ズレれが起こる。

 手の浮腫みで、感覚お違和感や細かな動きがやりにくい。

 顔がむくんで、頭がボーっとして集中できない。

 上記に心当たりのある方は、ぜひ「もーさんリハ院」へお越しください。

 

浮腫み.jpg

 よく、リンパマッサージで浮腫み改善という広告を目にすると思います。とくに、エステ業界などは美容痩身を目的に、サービスを提供されていると思います。

 

 もし、そのようなサービスを体験した方で、以下のような経験はありませんでしたか。

 

 痛いマッサージほど効果があると説明を受けた

 強い力で、皮膚が赤く(時には内出血)なるほどのマッサージを受けた

浮腫2.jpg

 

 

 これらは、まちがった説明と方法です。

 

 リンパ管は動脈・静脈よりも細く、例えば、動脈がゴム製のホースのような固さですが、静脈やリンパ管はストローを包むビニール袋のような感じで、かなり薄い膜状の管をしています。そのため、強い力で圧を加えると、リンパ管は損傷する恐れがあります。また、リンパ管には弁があり逆流しないような構造をしています。

 

 つまり、マッサージも一定方向に行わないと、リンパ液が逆流を起こして損傷する可能性がでてきます。また、リンパ管はどこを走行しているのか、ということも考えながマッサージを行わなければなりません。身体の内部がイメージできていないと、関係ないところをマッサージする可能性があります。

 

 では、リンパマッサージの圧はどれくらいが適度なのでしょうか。それは、約30mmhgと言われています。少し強い弾力のストッキング(靴下)のイメージです。

 他に、自動血圧測定器などで、空気が腕に巻いている帯(マンシェント)に入ると、圧が計測器のモニターに表示されますので、それで30mmhgを体感できるでしょう。

 

 以上のように、リンパマッサージを行う上で、専門的な知識と技術で行わないと、かなり危険であることが理解できたと思います。

 

 当院は、身体の専門(解剖・生理・運動)です。安心して、当院へお任せください。ご予約の方は

 

 しかし、浮腫・むくみの症状で、以下の場合に該当する方は、一度医療機関などの受診をお勧めいたします。

  • 高血圧
  • 心不全
  • 慢性腎不全
  • 栄養不良(低たんぱく血漿)
  • 甲状腺機能低下
  • 透析中
  • 手術後に同部位の浮腫症状がでた

 ・・・等々 

 

 その他、以下の項目に当てはまる症状を、選択して下さい。

 

痛み改善

 

首コリ・肩こり・頭痛・寝違い・ストレートネック

 

腰痛・坐骨神経症状・ぎっくり腰

 

姿勢改善・脊柱側弯症・骨格ゆがみ調整

 

スポーツ整体

 

免疫力・疲労・自律神経調整

 

脳卒中片麻痺(他運動障害)

 

以下のページもご覧ください。check!

 

【 自信をもってお勧めする理由

 

プロフィール

 

疑問にお答えします

 

ご予約の方は

日曜・祝日のご希望の方は、営業カレンダーを確認し、前日までに予約をお願いします。

営業カレンダー

 

料金&コース

 

アクセス

 

もーさんのつぶやき

 

お知らせ

 

理学療法士・他医療系 国家試験対策スクール

 

 ホームに戻る