運動器ニュートラル法とは

 運動器ニュートラル法とは、当院施術の根幹となっております。

 運動器ニュートラル法は、私の医学博士課程での研究および解剖、運動学、生理学の知識とこれまでの多くの臨床経験が融合した施術法です。

  患部局所やその周囲を施術するだけでは、根本的な問題解決につながりません。改善効果を最大限に引き上げるためには、全身のバランスを整えることが最も重要であることを、この施術法を実践することで確信しました。

 ぜひ、当院の施術後に改善していく身体の変化を体験して下さい

 

 より詳しく、この方法を実施する2つの理由を下記で説明します

運動器ニュートラル法.png

1つ目の理由として

 痛みやシビレ、違和感などの原因を考えたとき、患部の症状よりも先に、全身の左右差、各部位の正常からの逸脱状態を改善する必要があります。

 

 今、このホームページをご覧の方々は、日常的に仕事柄、スポーツ特性、クセなどにより、偏った動作や姿勢を長期間続けてきたと思います。

 

 そのために、全身の各部位が非対称的に負担が蓄積し、筋肉の硬さや骨関節のズレ、神経・血管の圧迫などの症状を誘発していきます。これが、痛みとして感じる原因となります。このことから、直接、患部だけを施術しても、症状が再発することが容易に理解できると思います。

 

 そのため、優先的に対応することは、全身のバランスを本来の状態に戻すことです。それが、運動器ニュートラル法ということです。この、運動器ニュートラル法は、単に骨格調整とは違い、運動器(関節・靭帯、筋肉、神経、血管など)全般を本来あるべき位置に戻すということです。

 

 さらに、症状の原因となる身体のアンバランスな状態は、長期間とりつづけることによって、脳に対して誤った身体情報をインプットさせてしまいます。

 

 そこで、運動器ニュートラル法では、正常なバランス状態を脳にインプットさせていきます。これらの、身体と脳のダブルアプローチにより、改善効果が高く、かつ、症状が繰り返しにくい土台ができます。土台を作った後、残った問題個所を症状に合わせた手技を行うことにより、改善効果を高めていきます。


2つめの理由として

 利用者様の身体への負担を最小限に抑えるということです。

 

 いきなり患部やその周囲を施術することは、正常な組織に負荷がかかり、症状の慢性化・新たな痛みを作るなど、二次的障害を引き起こす可能性があります。例えるなら、強い薬を飲んで病気は治るものの、副作用で身体を壊すようなものです。

 

 そのために、運動器ニュートラル法を実施し、患部以外の改善をはかることで、本当に施術をしないといけない問題部位だけが明確になります。

 

 その後に残る患部に対して、解剖学や運動学を熟知した整体により、異常組織にピンポイントで直接アプローチを行い、正常組織に余計な負荷をかけることなく、改善が図られるというわけです。

 

 以上が当院のコンセプト、施術の流れになります。上記の内容にご理解頂けましたら、ぜひ、「もーさんリハ院」をご利用ください。あなたの悩みや辛さを、笑顔に変えるお手伝いをさせて頂きたいと思います。

 

このような症状に対応👈チェック!

 

【 自信をもってお勧めする理由

 

プロフィール

 

疑問にお答えします

 

ご予約の方は

日曜・祝日のご希望の方は、営業カレンダーを確認し、前日までに予約をお願いします。

営業カレンダー

  

料金&コース

 

アクセス

 

もーさんのつぶやき

 

お知らせ

 

理学療法士・他医療系 国家試験対策スクール

 

ホームに戻る