腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛

 腰痛で悩まれている方々は、厚生労働省の推計で全国で約2800万人いるといわれています。全国民の約4人に1人が「腰痛」を経験していることになります。

 

 これだけ、多くの方々が腰痛に悩まれているわけですが、原因がはっきりしている「腰痛」は、わずか15%で、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などが原因といわれています。しかし、椎間板ヘルニアによる腰痛は、わずか3%程度と言われています。そのような診断を受けたとしても、腰痛の原因は他にある可能性あります。

 

 さらに、残りの85%は非特異的腰痛とされ、原因がはっきり分からない腰痛が圧倒的に多いということになります。

 腰痛.png

  腰痛に悩まれている方は、日ごろから、揉みほぐしたり、腰などを捻ったりするなどストレッチを行っていると思います。しかし、その「腰の痛み」の原因が腰とは限りません。腰は体を支える柱であり、土台でもあります。また、解剖学・運動学的にみても、腰は本来、大きく動く部位ではありません。

 

 腰痛は仕事や習慣的な左右非対称な姿勢や動作、スポーツで過度な負担がかかり、腰を頻繁に動かすことで腰部に負担が蓄積し、痛みとして感じている可能性があります。

 

 腰に負担をかけている要因は、足部や首、腕などの腰から離れた場所や、それら複数の部位が関係している場合があります。さらに、筋・靭帯・関節のズレ・神経圧迫‥等の要因を特定し、施術しないと腰痛」の症状が改善しない、もしくは、改善しにくくなります。

腰痛3.png

  当院は、解剖学・運動学・生理学的な観点から症状をきちんと評価し、原因を特定、施術することで、腰痛を改善に導きます。

 

 また、急な腰痛「ぎっくり腰」なども、日ごろの疲労の蓄積により、ある日突然、激痛として自覚することになります。ぎっくり腰は病院で診てもらっても、湿布やアイスパック、その他電気治療器等の対応のみで、その日は痛みを我慢することが多いでしょう。

 

 それは、激痛を伴う「腰痛=ぎっくり腰」は組織の損傷や炎症の可能性があるということで、数日は安静で過ごすことが基本とされます。確かに、背筋の損傷、背骨の圧迫骨折や背骨を固定する靭帯や椎間板などの損傷場合は安静は必要です。

 

 しかし、先ほども述べましたが、85%の腰痛は原因不明です。原因がはっきりしていない場合、つまり、骨・靭帯・椎間板などに損傷を認めない場合は痛みを改善できる可能性が高い!ということになります。また、坐骨神経症状なども、椎間板ヘルニアが原因でなければ、こちらも当院の施術で改善が期待できます。

 

 腰痛でお困りの方、ぜひ、「もーさんリハ院」で医学的に解剖・運動学を熟知した整体師が行う施術で腰痛を改善させてみませんか?ご予約の方は

 

  その他、以下の項目に当てはまる症状を、選択して下さい。

 

痛み改善 

 

頭痛・首痛・肩こり・四十肩・寝違い・ストレートネック

 

姿勢改善・脊柱側弯症・骨格ゆがみ調整

 

浮腫(むくみ)の改善

 

スポーツ整体

 

免疫力・疲労・自律神経調整

 

以下のページもご覧ください。check!

 

【 自信をもってお勧めする理由

 

プロフィール

 

疑問にお答えします

 

ご予約の方は

日曜・祝日のご希望の方は、営業カレンダーを確認し、前日までに予約をお願いします。

営業カレンダー

 

料金&コース

 

アクセス

 

もーさんのつぶやき

 

お知らせ

 

理学療法士・他医療系 国家試験対策スクール

 

ホームに戻る